© 木工房OKA  All rights reserved.

キャビネット

桧  渋墨、柿渋、蜜蝋ワックス仕上げ

ぐい呑、徳利から一升瓶まで仕舞えるお酒の入れ物をと思い制作。

扉には伊勢型紙に使われる渋紙をはめ込んで本体の墨色に合わせた。

お酒以外にも使っていただけます。

飾り棚

桧  拭き漆仕上げ

読みかけの本やよく手に取るものなどちょっと置いておく棚があったらと思い制作。

場所を取らないように小さめになっています。

特注テレビボード

南洋桜 拭き漆仕上げ

ご希望のサイズが見つからないとのことでオーダーいただきました。

西洋のアンティークや民芸家具が並ぶ中に仲間入りしました。ツマミは真鍮で友人に特注し、

​ガラスは波打ったものを仕様しました。

テレビボード

南洋桜 拭き漆仕上げ

和の雰囲気のあるテレビボードをと思い制作。

​幅が1500あるので大き目のテレビものせられます。引き出しはBlue-rayやDVDがたっぷり収まるように作りました。

特注吊り戸棚

桧 柿渋仕上げ

店舗用にご希望のサイズで制作しました。

​整理がしやすいように中は三段の可動棚になっています。

飾り棚

南洋桜 拭き漆仕上げ

​厚板でそんなに大きくない材があったので何かできないかと、塊感のある小振りな棚を作りました。小物を飾ったり、雑誌を入れたり、意外と色々使えます。

特注電話台

山桜 オイル仕上げ

ラフスケッチを描いて頂いてたのですが、構造的に不安があったので、こちらから提案させて頂き制作しました。

たんす

シウリ 桐油、蜜蝋ワックス仕上げ

修行時代に制作したもの。

仕舞うものに幅をもたせたかったので、下三段は着物のたとう紙が収まるサイズに。

​桐油が乾くまで3ヶ月以上かかり、100%植物由来のオイルを家具に使う事の難しさを痛感した。

小引き出し

山桜 オイル仕上げ

​修行時代に頼まれて制作したもの。

霧島山系の山桜で赤味がつよく、すごく綺麗な材だった。

​ストローなどの収納に地元のバーで使って頂いてます。

オーディオラック

​楢 呂色拭き漆仕上げ

修行時代にプリアンプとCDプレーヤーを置くために制作。放熱性を考えて棚の高さを大きく取った。​柱はロウソクほぞで組んだ。

テルチェスト

ハードメイプル オイル仕上げ

修行時代に作った電話台。

​自宅にて使用中。メイプルはよく動く材なので使ってみたくて作ったが、季節によって明から様に抽斗の固さが変わり勉強になった一台。